失われた歯の変わり

インプラントの治療法

歯の模型

インプラントというものをご存知でしょうか。聞いたことはあっても、具体的にそれが何かはわからないといった方もまだ少なくないのではないでしょうか。簡単に説明すると、インプラントとは、失われた歯の代わりに使える人工の歯の事です。人工歯と言えば、真っ先に思いつくのは入れ歯でしょうか。入れ歯は自分で着脱可能なため清潔に保つ事が出来るのが特徴です。歯がなくなってしまった際に、これまで最も一般的に行われてきた対処法ですが、天然の歯ではないためにあごの骨が痩せやすく、周囲の歯にも負担をかけ、また、見た目や噛み合わせにも問題がありました。そうした問題を解消できる、第二の永久歯として注目されている、新しい歯の治療法がインプラントなのです。

インプラントとは、失われてしまった歯の代わりにあごに埋め込む人工の歯の事です。具体的な施術法は、歯茎を切開してあごの骨に穴をあけ、そこに人工歯根を埋め込む方法です。そのため外科手術が不可欠です。その分体力的に負担がかかりますし、治療期間も長くかかります。そして現状においては保険適用外なため、費用は患者さんの自己負担となります。ですがインプラントは、骨の部分に人工的なチタン製の人工歯根が当たるように施術されるため、天然の歯と遜色なく噛む事が出来ます。そのため義歯とは違い、噛む力が弱まる心配はありません。また見た目に関しても天然歯とほとんど違いがなく、自然に仕上がります。見た目や歯の健康維持を考えると、デメリットを差し引いても望ましい方法と言えるのではないでしょうか。