安全且つ確実

改良を重ねているインプラント治療

インプラントのボルト

虫歯や歯周病によって歯を失ってしまった場合、以前は部分入れ歯が主流でした。今はインプラントをしている人が増えています。以前よりインプラント治療はありましたが、インプラントが優れているものだと世界的に知れ渡ったのは1980年代以降になります。臨床試験を繰り返し、よりしっかりしたものになるように形状が改良されています。より良いものとしてフッ素かこうされたインプラントもできましたが、まだ日本では認可されていません。インプラントは保険診療給付外なので施術を受ける病院によって金額が大きく変わります。まだインプラントの国内の歴史は浅いので、長く世界的に使用されている海外製のものが高価である傾向があります。

安全に治療を受けれる確率が上がってきています

インプラント治療を受けるにはある一定の条件が必要です。歯周病で骨が溶けている、歯茎が下がっていると治療をすることができません。口の中が健康な状態でないと治療できないので、今後はインプラントの改良ではなく治療を受けるための再生医療が注目されると思います。治療にかかる時間が長いのもデメリットでしたが、治療時間も短縮されてきています。以前は下顎のみの治療だったのが上顎も可能になったりとここ数年での変化は著しいです。より良いものを短い治療期間で得ることができるなら、こらから先も普及率は上昇していくと思います。手術方法も改良され体への負担も少なくなってきています。インプラント治療が安全に受けれる確率は上がってきています。